いきてみた

「来年は無理でしょう。」との余命宣告を受けてから、2年が経ちました。がんと付き合いながらのゆるい日常を描いています。

ドラマとちがう

詳しい結果を聞きに、2週間後に再び大学病院へ。


手術できる状態ではないこと。

放射線と抗がん剤での延命処置を考えていること。


それを、画像を見ながら伝えられました。


担当してくれたのは、前回の検査の時と同じ年若い女医さん。


美人で頭が良さそうな、クールビューティ系。



…それにしても。


病院に滅多に行かず、ドラマでしか大学病院に馴染みがなかったせいか、思い描いていたイメージと大分違いました。


私の頭では、お医者さんが言いにくそうに、重々しい口調でがんを宣告し、落ち込む患者の肩をたたき、「私がついています。一緒に頑張りましょう!」とあたたかい眼差しで見つめてくれるはずだったのに。(←ドラマ見すぎ)


現実は、あまりにアッサリし過ぎていて、正直悲しむタイミングが掴めませんでした。


先生

「◯◯を見てわかる通り、◎◎まで進行しているがんです。」


「はあ。そうですか。」


というお互い薄いリアクションでの会話。


唯一、私が反応してしまったのは、そろそろ診察が終わろうとしている時の女医さんのセリフ。


「これからですが、実は私今月いっぱいでこの病院を辞めるので、あとは引き継いだ先生から聞いてください。」(隠そうとはしているものの明らかに嬉しそうな顔)


思わず「え!?」と、声を上げてしまいました。


リアクションは薄いけど、はじめてのことだらけで、これからどうなるか胸の中は不安でいっぱいなのに、急に放り出されてしまった感覚です。


これからのことを聞こうとすると、「それは新しい先生のお考えがあるので、私からは何とも言えません。」

と、相変わらずのクールな答え。


すっかり捨てられた子犬の気分でした。


お医者さんって、考えてみれば学校卒業して会社に勤めるのと一緒で、ただ就職先に病院を選んだだけなんだよなぁ。


すっかり医療系ドラマの感動的なシーンは頭から消え、寿退社な雰囲気(勝手なイメージ)の女医さんを眺めながら、お医者さんへの幻想から完全に覚めた瞬間でした。



そもそも

どうして今更ブログを書こうと思ったか。


がん告知を受け、人に相談したり自己開示するのが苦手な私は、ひたすらネットを検索し、がん関係の本を読みまくりました。


その時に一番参考になったのが、がんになった本人が書いたブログでした。


医療関係者が伝える、正確かもしれないけど温度を感じない記事に比べて、がんになった人が書いたブログは個人の感情がリアルに伝わり、読んでいて温度を感じました。


励まされました。


私自身は、感情を人に伝えるのは苦手です。

特に負の感情を。


でも、がんになった人の中には、本当は不安なのに人に弱さを伝えられず、誰かの書いたブログで励まされる人もいるかも。

私のように。


そんな想いと


単純に、あとどの位の命かわからないし、素直に自分の感情を出してみる経験をしておきたい!


との想いでブログを書くことにしました。


自己満足ブログです。


イタイ検査ふたたび

近所の婦人科にもらった紹介状を持って、翌週には大学病院へ。


古い病院で、待合室もどんより。

具合の悪い人たちで溢れて息苦しい。(私もそのひとりだけど)


たくさん待たされ、やっと診察室へ。


もう一度しっかり検査する必要があるとのことで、また細胞診!


やっぱりイタイ〜!


内診中の出血も多い。



次の予約は2週間後。

その時に詳しい結果を教えてくれると言われました。


また結果待ち。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村